ニキビの天敵!紫外線から肌を守るためのお手軽な対策方法

ニキビの天敵である紫外線から肌を守るためのお手軽な対策方法をご紹介していきます。
MENU

ニキビの天敵!紫外線から肌を守るためのお手軽な対策方法

 夏といえば紫外線が気になる季節ですが、紫外線は夏に限ったことではありません。むしろ、夏前のほうが紫外線の量が多いことをご存知でしょうか?紫外線はシミや美肌には大敵ですが、紫外線対策は、実は、夏だけに限らず1年中続くものなのです。

 

 その1つの理由は、紫外線は1年中地球に降り注いでいるという事実です。冬でも紫外線はあります。曇りの日でも、紫外線を浴びます。曇りだからと油断してしまいそうですが、紫外線対策が必要なのです。

 

 ちなみに、5月が紫外線のピークだと言われています。5月は、それほど日差しも強くないですし、気温も高くないですから、意外に思われる方もいるかもしれません。紫外線は目には見えませんから、どのくらいの量を自分が浴びているのか分からないのですから、当然です。目に見えないからこそ、情報として知らない限り分からないのです。

 

 このように、私たちは気がつかないうちに紫外線を浴びています。天気次第、季節次第で対策の程度は変わるかもしれませんが、常に対策が必要です。美肌を手に入れたい、白い肌を保っていたいという気持ちがあるのなら、日頃のちょっとした対策の積み重ねが必要となるのです。

 

 とはいっても、対策するということ自体が負担に感じられたり、より簡単に対策できないかと考える人もいるでしょう。そこで、簡単にできる、手軽な対策方法をご紹介したいと思います。

 

紫外線から肌を守る方法!

 

 1つには、日陰を探すことです。日陰であれば、太陽光線が直接当たることはないですから、紫外線量は確実に少ないです。物理的に紫外線が遮られた場所だということです。日陰であれば、どんなに肌を露出していても、露出した部分だけ日焼けするという事態にはならないでしょう。

 

 2つ目には、紫外線が強い時間帯の外出を避けるということです。朝であれば9時前の早朝の時間帯、午後であれば16時を過ぎた夕方の時間帯です。太陽が高い位置にある時は、紫外線の量が多い時間帯です。言い変えれば、その時間帯以外であれば、紫外線量は少ないということです。ですから、外出時間を変えることが対策の1つになります。

 

 白く透き通る肌は誰もが憧れる肌です。紫外線は目に見えないですが、少しだけ頭の片隅に置いて対策していくことが、日頃のちょっとした努力で憧れの肌に近づけるでしょう。

このページの先頭へ